幸せの法則失敗も成功だ

失敗も成功のうちこれでいいのだ!

憑依か演技派か沢尻エリカ

沢尻エリカ才能なんてないと言い切った女優のAさん

 

女優Aさんは、摂食障害 大酒飲み 共依存症でもある人

昔、心屋仁之助さんのオープンカウンセリングを受けたのをテレビで見たことがある。

 

おそらく「ヘルタースケルター」の演技だと思うが、「ひっちゃかめっちゃかな役はかえって楽!ひっちゃかめっちゃかになってしまえばよいから」

 

なるほどね

つまり、ひっちゃかめっちゃかな人にとって

ひっちゃかめっちゃかは日常であって、それが

異常でないということである。

 

ちょっと、エンジンをかけて、崩壊モードになれば、直ぐにそんな演技が出来という訳です。

 

おそらく、この女優Aさんも同じタイプであるからこそ共感できるのではないかしら

 

私からみると、

同じタイプの女優さんある。

 

たまたま、女優Aさんは薬物しないだけのこと

摂食障害もアルコールも共依存も薬物も依存症である。

 

テレビで見ている中で、女優Aさんは薬物はしないタイプだと感じる。

そんなものを使わなくても、ひっちゃかめっちゃかになれる人で、

この女優さんは、自覚しているのです。

自分はひっちゃかめっちゃかな人であることを

そして、そのキャラを売りにしている。

 

ビジネスひっちゃかめっちゃか女優なのです。

賢い!

自己ブランディングしている。

 

f:id:keme3:20191123105114j:image

 

憑依女優と演技派女優

 

憑依女優

役と自身の境界線がなくなるほどのめり込む

取り憑かれたようになる憑依タイプの女優さんは、依存症になりやすい。

 

境界線がない、役柄と自分が共依存してしまう。

芝居が終わると魂の脱け殻のようになってしまう。

役の中での恍惚感が終わる

空虚になった自分に耐えられない

 

演技中の躁と

終わっての鬱

振り幅が大きいのが快感でもあり刺激でもある。

ハイになる刺激が役以外でも欲しい

自分が憑依できるものに依存する。

 

 

演技職人女優

 

女優とう職業である。

現場に入ればその時間は女優として演じる。

演じる職人としていい仕事をする。

現場に入って途端に泣ける。

なんなら、撮影されている右側だけ顔て

右目だけで、涙を流す。

左側の顔は仕事をしなくてもよいのです。

終われば、役も演技もその場で終わり。

 

素の自分に戻り、家に帰ったら、掃除洗濯もし

ご飯もつくる。子供の保育園のお迎えも行く。

スーパーでの買い物もする。

全く世間と一緒の暮らしぶり。

 

切り替え上手でもある。

 

結婚を機に女優を退職することもある。

 

働くママとして女優という職業をしていることもある。

こんなタイプ脇役女優あることも多い。

 

主役級の女優さんは憑依タイプが多いのでは?

職人女優さんは、脇役の人が多い

生きやすいのはビジネスタイプ

しかし

なんとも言えない危なっかしい魅力は

憑依タイプの女優さん

 

超越タイプがある

誰かなぁ〜〜

 

誤字脱字が多いブログ

ご訪問ありがとうございます🙏

幸せの法則失敗も成功だ