幸せの法則失敗も成功だ

失敗も成功のうちこれでいいのだ!

大嘗祭が明けた日本の未来

日本中の神社で祈りつづけた

 

令和における大嘗祭は、

2019年11月14日午後6時30分頃より開始され、同年11月15日午前3時0分頃に終了した。

 

天皇が即位の後に新穀を神々に供え、自身もそれを食する。大嘗宮において、国家、国民のために、その安寧、五穀豊穣を皇祖天照大神及び天神地祇に感謝し、また祈念する。

 

f:id:keme3:20191115173119j:image

 

 

日本のヤオロズの神々

 

日本中の神社で2日間祈り続けた 、貴重な日であった。

一丸となって、日本の為に祈った。

 

平成から令和になって、この先の未来は、

正直、決して明るくない。

 

昭和平成で感じた

物が豊かな

使い捨て

食べ物も医療も教育も仕事も

少なくとも、困らなかった時代

続くのか??

憂いてしまう。

 

昭和 平成の常識は、令和の非常識になる。

そんな気配を強く感じる。

 

そんな中で

日本中の神社で祈りが捧げられた

 

平成の邪気払いを令和即位大嘗祭で清める。

 

決して、リセットしたわけではない。

 

何もかも、引き続きの現在である。

まるで、変わらぬ日を過ごす民である。

 

台風、豪雨災害も少子高齢化も年金も医療も

食糧も311のその後も、解決されてはいけない。

 

それ故に

邪気を払い

 

 

あらためて、今ある、宿題ではなく、

宿命をどう生きるのかを、目に見えない魂レベルまで、身体の細胞レベルまで浸透させるのが必要な時だったかもしれない。

 

ヤオロズの神 ヤオロズの細胞 ヤオロズの魂への祈りであった

 

ご訪問ありがとうございます🙏

幸せの法則失敗も成功だ