幸せの法則失敗も成功だ

失敗も成功のうちこれでいいのだ!

トラウマのない人いますか?

トラウマは大なり小なりある

 

親による強烈な言葉、行動、支配  洗脳 虐待 育児放棄 が心の傷痕として一番わかりやすい。

一番痛い 一番怖い 一番悲しい 一番悔しい

あまりに辛すぎて、心的外傷後ストレス障害(PTSD) を発症し、心身に悪影響をあらわすこともある。

 

それほど強烈なトラウマではないが、

心に傷がない人なんていない

風邪をひいたことがないと言っている人と同じで、ある意味、心身に鈍感な人なのです。

 

トラウマにを克服している人は

自己内省が上手い人

トラウマを受容して、自分の個性としている人もいる。

 

トラウマとは親だけの出来事ではなくて、

兄弟姉妹 祖父母 親戚 会社 学校  友人  先生

医師 社会 国 戦争 災害 性犯罪など、

広く狭く 濃く薄く

心の傷になり

心のささくれとなり

心の痛みとなり残存するものである。

 

生きていると、どこかで心に傷や痛みがあるものです。

 

チクリとした傷や痛みが、実はその人の個性につながっているのではないか??

 

その人らしらを生み出す。

 

もし、心に、痛みや傷を感じないのなら、人の痛みや傷の共感などができにくい。

 

「そんなのわからない」

「そんな痛み知らない」など

 

知らないことは良いことのようで、そうでもない場合もある。

 

人の痛みがわからない人は、横に人間関係が広がらない。

人の痛みを知らない人は、深い人間関係を築くことができない。

 

人は、痛みや傷の共感があると安心できる。

 

トラウマ経験は、人の心に寄り添うことが出来る。共感能力が上がる。

 

自分のトラウマを忌み嫌うことなく、

自分のトラウマが人間関係を深く広く繋ぐ能力、トラウマも貴重な経験となる。

 

f:id:keme3:20191104160032j:image

 

 

トラウマとは

典型的な心的外傷の原因は、身に危険を感じるような出来事である。例えば、児童虐待(幼児虐待)や性虐待を含む虐待、強姦、戦争、犯罪や事故、いじめ、暴力、アカハラパワハラ、セクハラ、モラハラを含む出来事、実の親によるDV、大規模な自然災害などである。

 

心的外傷が突如として記憶によみがえりフラッシュバックするなど、特定の症状を呈して持続的に著しい苦痛を伴えば急性ストレス障害であり、一部は1か月以上の持続によって心的外傷後ストレス障害(PTSD) ともなりえる。

(ウィキペディアより)

 

誤字脱字が多いブログ🙏

ご訪問ありがとうございます

幸せの法則失敗も成功だ