幸せの法則失敗も成功だ

失敗も成功のうちこれでいいのだ!

不器用ですが生きてます

社会的コミュニケーションおよび対人交流の困難

 

  • 他人と目を合わせない

     (合わすが疲れる)

  • 相手や状況に自分の行動をあわせることが苦手

      (認知しているので努力する)

 

  • 難しい言葉や表現を好んで使う  

     (このブログもそんな記事ある)

  • 行動、興味、または活動の限定された反復的な様式(ストレッチの時間やブログ書くことなどルーティンはある)
  • 小さな変化に苦痛を感じ柔軟な考え方をすることが苦手

     (位置とか、フォーマットが変わると戸惑う)

 

ASDの具体的な困りごと

 

  • 単語で会話したり、一方的に話をしたりすることがある(実は人の話を聞くのが苦手興味のない話は特にダメ)
  • 暗黙のルールが理解できず、集団での共同作業に困難を示すことがある(団体戦は苦手です、気を使い過ぎ疲れる。一人になりたい)
  • 職場の音や照明に過剰に敏感だったり、鈍かったりする(あんまり感じないようにしてるがあるかな)
  • 同じ服をいつも着たり、(仕事着は決まっているから同じ)特定の物事への執着が強い(甘いパンは一日は一個たべたいとか、ブログは一記事書くとか、ストレッチは毎日するとか)

 

 

ADHDは症状の表れ方には3タイプあり、個人差があります。


 

  • 不注意優勢型

不注意の特徴が強く現れているタイプで、次のような症状が見られます。


ケアレスミスが多い
気が散りやすくて、物事に集中することが苦手
やりたいことや好きなことに対して集中しすぎてしまう

(そうです。)


物をどこかに置き忘れたり、なくしたりすることが頻繁にある

(メガネや鍵は毎日です)


片付けや整理整頓が苦手

(ザックリ片付けるのは得意だか、細かい小物の後片付けは憂鬱になる)

 

約束や時間を守れないことがある

(得意なんです。)

これは、鍛えました。

 

  • 多動性-衝動性優勢型

多動と衝動の特徴が強く表れているタイプで、次のような症状が見られます。


物事の優先順位が分からない

(最小限はつけないと、働くママは成立しない)


落ち着いてじっと座っていることが苦手

(そんなお仕事はできない)


衝動的に不適切な発言や行動をする

(言ってしまうことあり)
 

  • 混合型

不注意、多動と衝動の特徴が混ざり合って強く表れているタイプで、不注意と多動のどちらが強く出るかは人によって異なります。

(私、混合型です)

 

f:id:keme3:20191024190256j:image

学習障害には、主に読字障害、書字表出障害、算数障害の3種類のタイプがあります。

 

★読字障害(ディスレクシア)読みの困難
字を読むことに困難がある症状です。
 

ディスレクシアの困りごとで当てはまること

文字や行を読み飛ばしすることが多い

(説明書や解説が理解するのが大変です。ほとんど感です)

 

聴力は正常にもかかわらず、言われた言葉を聞き間違えることがある

(と家族は言う……)


 

★  書字表出障害(ディスグラフィア):書きの困難

 

○ディスグラフィアの困りごと
カタカナを習得するのが難しい、

(カタカナの名前の小説やらドラマは誰が誰かこんがらがる)

漢字をなかなか覚えられない。覚えても、忘れやすい。

(漢字を形としてみてしまう、手書き書類が苦手)

 

★算数障害(ディスカリキュリア):算数、推論の困難
数字そのものの概念や、数量の大小、図形や立体問題の理解が難しくなる症状です。
ディスカリキュリアの困りごと


数を数えるのが苦手時計が読めない、時間が分からないことがある

(21時53分の1時間15分前ってわかります??

だいたい20時30分ぐらいと思うが……)


算数の簡単な1桁の足し算や引き算の暗算ができない

(出来るのだ!得意)


九九がなかなか覚えられない

(バッチリです!)


図形の模写(視写)が困難

(空間認識は本当にわからない)

 

暗算が苦手

(一桁か簡単な二桁はできる)  

 

 

単におっちょこちょいかもしれないが

ちょっとひどい気もするなあ

 

 

誤字脱字の文章ですみません🙏

 

ご訪問ありがとうございます😊

幸せの法則失敗も成功だ