幸せの法則失敗も成功だ

失敗も成功のうちこれでいいのだ!

天河大弁財天社とブラックホール

8月25日天河大弁財天社での奉納舞に感謝

 

「元気なの子」の陽奈ちゃんが、祈ることで雨ばかりの世の中から太陽を呼び戻した。

それは、実は命を捧げていたもだった。

 

太古の昔の、人類の危機を救うために巫女が人柱となって、祈り踊る 

身を捧げる巫女がいたはず。

人柱になって、人を自然災害から守るために命かけて踊る。

今回は神社の内宮で舞っていたが、

祈る踊りには、命をこめて、無心におどった。

そんなことを思い出した。

 

体力 テクニック 筋肉は低下の極みでしたが、

こんなに、舞い踊るこのが、楽しいものなのか!

調和を保つことがいとうれしい!

 気取るものも、背負うものもなし!

 

 

f:id:keme3:20190826003647j:image

 

 

「天気の子」「君の名は」で新海誠監督の映画で、神社がこの世のシンボルとして登場する。

私の妄想では、

神社は空間の穴、ブラックホールのよう。吸収して排出する場のような感覚でした。

神社とは、ブラックホールの象徴でもあるのかしら??

空を舞う天河大弁財天社 - 幸せの法則失敗も成功だ

 

✳︎人柱(ひとばしら)とは、

人身御供の一種。大規模建造物(橋、堤防、城、港湾施設、などなど)が災害(自然災害や人災)や敵襲によって破壊されないことを神、に祈願する目的で、建造物やその近傍にこれと定めた人間を生かしたままで土中に埋めたり水中に沈めたりする風習を言い、狭義では古来日本で行われてきたものを指すが、広義では日本古来のそれと類似点の多い世界各地の風習をも同様にいう。

ご訪問ありがとうございます😊

幸せの法則失敗も成功だ!