幸せの法則失敗も成功だ

失敗も成功のうちこれでいいのだ!

ホリエモン近大スピーチ考

時代のグローバル化で仕事探し(妄想)

 

アフリカも、日本も、ヨーロッパも、アメリカ大陸も、アマゾンの人も、世界中の人が、電波が届く限りスマホを持っている時代。

AIが、人間の知的労働が効率よくこなしてくれる。

やがては、肉体労働までしてくれるようになる。

かろうじてのこる仕事をスマホ一台で世界中の人と仕事の取り合い競争をする。

 

企業は少やすいコスト労働者を募る。

「アフリカと日本の賃金がどちらが安い?」

「そりゃ、アフリカでしょ」

「じぁ、アフリカの人雇うよ」

「日本人ですか?日本基準の賃金を払えませんよ」

「働きたいの?アフリカの賃金に合わせてもらえればオッケーです」

「賃金はアフリカの賃金で大丈夫ですね。

承知しました。では、来週から、アマゾン地区の奥地に行ってください。仕事は、AIの補助です。電池交換やらAIロボットのメンテナンスです。わからない場合はAIに聞いてください。」

「ちなみに、言語は英語でAIに話しかけてください。」

「えっ??英語わからないのですか??

困ったなぁ〜  じゃ中国語は大丈夫ですか?

日本に仕事かぁ〜もうないです」

「すみません、日本企業はもうなくなりましたね。ないんです。日本語で対応する企業は絶滅しましたね。令和10年まではありましたが……」

「今、日本にある企業は、アメリカか中国資本企業なんですよ。まぁ 表向きは、日本の名前ですけどね〜」

「中国語も話せないんですか……」

「まぁ実はAIロボットは英語でも中国語でも、

切り替えればどっちでも対応できるんですがね

アハハ〜 実は日本語も大丈夫です。なにせ

AIですから」

「お客様、お年も65歳ですよね。アマゾン地区は、過酷な労働です。データベースをお調べしましたが、耐えられないかと思われます。アフリカの人達のほうが身体能力的には、向いている仕事ですね。残念ですが仕事はないです。」

 「………」

 

「一つおすすめの仕事がありますよ。報酬もすごく、良いものです。」

「それは、AIと人間のサイボーグを育成する

人体実験です。」

「どうせ、人生も後何年かですよね〜」

「お客様の世代の方にはおすすめの人気お仕事です。」

「是非ご検討ください。」

「私、ケメ様担当のRCS61542通称ペッパリンと申します。またのお越しをお待ちしております。」

 

 

f:id:keme3:20190530223022j:image

 

平成26年近代スピーチ堀江貴文さんの名演説から抜粋

 

皆さんが知らないうちに世界中の凄い人たち、頭の良い人たちは、どんどん新しい技術を開発して、勝手に世の中を変えていってしまっています。

……………………………………………

インターネットが作り出した、グローバル化がもたらしたことです。

……………………

多くの国、特に日本みたいなインフラが整っていない国に、いきなり携帯電話の基地局ができます。中国の会社が作ったスマートフォンが、100ドル以下でばら撒かれます。そうやって、今までインフラが整ってきてなかった、例えば、アフリカの山奥の国の人たちが、そうやって簡単に世界最高峰の知に触れる機会を持つことになります。当然ながら優秀な人たちは、スマートフォンでインターネットにアクセスして、世界最高峰の知を英語ベースで手に入れることになるでしょう。

そして、皆さんはその人たちと同じ土俵に立って生きていくことになります。おそらく、最初に僕が言った、努力をしない人たちはというのは取り残されていくことになると思います。厳しい社会がこれから待ち受けています。

情報を自分で収集して、自分の頭で考えて行動する力を身につけるそして、それは仕事だけじゃありません。これからは人間関係、家族制度も大きく変わっていくことでしょう。今の常識は10年後、20年後は全く通用しないようになっている可能性が非常に高いです。そんな時、どうすれば生きていけるのか。
それは、まず最初に僕が言った通り、情報を自分で収集して、自分の頭で考えて行動する力を身につけることです。そして、常識に縛られないことです。今みなさんが常識だと思っていることは、たとえば20年前だと常識ではなかった事もたくさんある。常識とか倫理とか道徳とか、こういったものは5年10年単位で簡単に書き換わります。そして、そのスピードというのは、グローバル化で加速していくことになると思います。

 

 

堀江さんの名言です。

おばさんは落ち込んだ時、YouTubeでこのスピーチを聞います。

令和になって、やっとホリエモンが(堀江さん)が言ってることが、腑に落ちてきました。

昭和 平成 令和と時代が変わって、ようやく私は古い人だと感じることができた。

 

令和世代の人生きてゆく中で、私は時代についていく立場なんですね。

 

昭和の常識はもうほとんどない

いや、なくなっていく最中です。

正直、昭和時代の豊かさが永遠に続くと幻想を抱いてました。

平成だから、 そんな幻想もまだみることができたんです。

5月1日に令和時代に入りようやく、昭和時代の

当たり前が当たり前でなくなるんだなって、腑に落ちたんです。

 

本当に、

永久就職もない 年功序列もない。

年金配当も難しい 人口も少なくなる。

間違いなく、AIは進化している。

車も今の形態ではなくなる。

紙幣だって形がなくなる。

パソコンもなくなるでしょ。

スマホも形が変わる。

こうなりぁ

人間も形も変わるんです。

 

昭和世代の常識など、旧紙幣のように何の価値も無い時代の始まりが令和時代だと

勝手に悟るおばさんです。

おばさんは、おバカさんです。  

ホリエモンは5年前に既に、理解し悟っています。

もちろん、彼も昭和世代ですが、私達とひと世代若いより平成に近い人です。

平成に近い昭和の人は、今の時代にも対応できる柔軟さがあります。

 

私達のような松田聖子ちゃん世代は、バブルを経験していて、ジャパンアズナンバーワンと言われた、一瞬を夢みた時代に、マハラジャで踊っていた陽気な世代なのです。

最高にカッコイイ 世界最高峰の「ソニーウォークマン」のカセットデッキが自慢でした。

今じゃもう化石です。

SONYって知ってますか???

スティーブ・ジョブズさんも、憧れたやつです。

 

進化し続ける未来の中で、おばさんから

おばぁちゃんになってゆく私です。

 

進化し続ける未来の中で、退化して衰退し

老いてゆき、やがて、あの世に向かいます。

 

若い人が最先端なのです。

今の時代が進化過程の最先端なのです。

ついてゆくしかないのです。

固定観念を外して

幻想を捨て

あの頃は……と言い訳をせず。

今の若者はと愚痴を言わず。

私は私を生きるのです。

言い訳をせずに……

 

今日は、夜、大阪に行ってまいります。

ご訪問ありがとうございます!